種 苗 生 産
魚や貝を卵から放流できる大きさになるまで育てることを種苗生産と言います。
栽培漁業センターでは、ヒラメやオニオコゼの種苗生産を行っています。
(画像をクリックすると、拡大した画像をご覧いただけます。)
 
ヒラメの種苗生産
 卵から孵化(ふか)してすぐのヒラメの全長は約3mmです。この時にはまだ口が開いていません。口が開いてエサを食べるようになるまでの間は、お腹に持っている栄養分で生きていきます。生まれて3〜4日で口が開くと、初めてのエサとして動物プランクトンのシオミズツボワムシ(以下「ワムシ」といいます)を与えます。
 2週間ほどすると全長は6〜7mmになり、頭にはトサカ状の鰭条突起(きじょうとっき)が発生します。これはこの時期の稚魚にだけ現れるもので、着底(水槽の底に着くこと)する頃には短くなってまもなく消失します。また、尾ビレもこの頃に形成されます。
 生まれて20日頃からやや大きめの動物プランクトン、アルテミアを併用し始め、25日頃にはワムシの給餌を終了します。全長は約9mmです。この頃までは、普通の魚のように体の両側に目が付いていますが、25日頃から右目が移動し始めます。徐々に頭の上に向かって動き、やがて顔の正中線上に到達します。こうなると体を少し右側に傾けて泳ぎます。
 生まれて1か月たった頃、底が汚れまた手狭になってきた水槽から新しい水槽3面に分槽します。エサには配合飼料を加えます。配合を与えるようになると毎日の底掃除が欠かせません。右目は正中線を越えて体の左側に移動していき、着底生活に入ります。体の表面には色素も発生し始めて、50日頃には小さいながらもヒラメらしい形となります。2か月ほどで全長が30mmになり、種苗生産が終了します。
 この後の飼育は中間育成と呼んでいます。配合飼料を与え水槽を入れ替えながらさらに2ヶ月ほど飼い続けると、全長が50〜100mmに育ちます。この大きさになると、海に出ても自分でエサを捕りまた外敵からすばやく逃げることができるようになり、いよいよ放流の時期を迎えます。
 




ヒラメの卵、4分割 魚の形ができています。 卵から生まれたところ。まだ口がありません。 生まれて10日目頃。腸が回転し始めます。




生まれて20日目頃。鰭条(きじょう)が伸長しています。成魚にはありません。 生まれて30日頃。眼が動き始めています。 生まれて40日頃です。底に着いているものもいます。 着定したヒラメ。
オニオコゼの種苗生産
 
 このページは、オニオコゼの生産についてのお話です。
 オニオコゼの親は、通常では黒っぽい石の様な色をしていますが、産卵期が近づくとオスは体色が全体的に白っぽく、眼の周りが黒くなってきます。また、当センターの飼育環境では、産卵は夕方頃行われます。卵の大きさは、直径1.4mm前後あり、マダイやヒラメの卵(0.9〜1mmぐらい)と比べると一回り大きいものです。ふ化した直後は、マダイやヒラメと同じように口が開いていません。そのため、卵黄(栄養の詰まった大きな袋のこと)を持っています。ヒラメやマダイと違うのは、オニオコゼの特徴である丸く大きいムナビレが、生まれて1日程度ですでに形成されるところです。
 孵化後順調に成長すると、全長は、7日目で5mm、10日目で7mm程度になります。眼の大きさと同じぐらいの黒い水玉模様が胸ビレや体表にできています。そのため、小さなオニオコゼが水槽内を泳いでいるところを肉眼で見ると、黒い点々がパラパラ動きまわっているように、また小さな虫が飛びまわっているように見えます。エサとしては、動物性プランクトンのワムシを給餌しています。体全体に対して頭とおなかが大きく、顕微鏡で観察すると腸管の中に食べられたワムシがいっぱい詰まって見えます。まだ、親のように怖い顔はしていません。
 エサには動物性プランクトンのワムシとアルテミアを与えるようになり、身体の色が赤いアルテミアを食べると、透明の体の中でお腹の部分が赤く見えます。ヒラメでは、アルテミアの赤色が一回転した腸の形にくっきりと見えましたが、オニオコゼの場合は、お腹全体がぼんやりと赤くなるだけです。こんな小さい時からすでに、両種で体の厚みが異なるために、このような違いが表れてくるようです。一方で、尾ビレの発生の仕方はヒラメとよく似ています。まず初めに、平たいペンキの刷毛を斜め上に向けたようにヒレが形成され、その後徐々にきれいな丸い形の尾ビレに拡がっていきます。背ビレや腹ビレの発生も、この頃同時に進みます。背ビレに触れても、まだ痛くはありません。
 生まれて20日頃になり、徐々に体のようすが親に近づいてきました。まだ色素は、はっきりと出ていないのですが、眼の上とエラブタの端にトゲが発生して、ちょうど角が生えているように見えます。顔だけは親とそっくりの怖い顔になっています。徐々に背ビレ、腹ビレも形成され、もう少しで親と同じような形になります。しかし、親は水槽の底面でじっとしているのですが、この頃の稚魚はまだ透明で、大きな胸ビレを動かしながら活発に泳ぎまわっています。
 オニオコゼの中間育成は、水槽の中に、一辺が約1メートルの網生簀を設置し、その中にオニオコゼを収容して実施します。中間育成が始まる30日目頃になると、ほとんど親と同じ形になっています。胸ビレの内側はきれいな黄色になり、泳ぐたびに鮮やかな色が左右交互に拡がります。オニオコゼを飼育している生簀の枠を少し持ち上げて、底にいる多くのオニオコゼを泳がせてみます。そうすると、あちこちで小さな黄色いウチワがパタパタと動いているように見えて非常にきれいです。
 6月から始めた生産も3ヶ月を過ぎて、放流サイズの5cmに近づいている大きな稚魚も見かけるようになってきました。成長の差が激しくなると、大きい魚が小さい魚を追いかけ回したり共食いしたりで生残率が下がってしまいます。これを防ぐために、大きい魚と小さい魚を別々の水槽に分けてやります。プラスチックの小さな容器にオニオコゼを何匹か入れて、見比べながら直径5cmほどの小さな選別用のタモ網を使って、大小を選り分けていきます。稚魚とはいえ、背ビレには立派に毒があり、刺されたら痛いので、気をつけながら作業を行います。
 生まれてから4ヶ月が経過し、いよいよ終盤を迎えています。全長が5cmに達したものから順に放流していきます。放流の前に尾数を確認するのは、ヒラメやマダイ・クルマエビのときと同様ですが、その方法は、1尾ずつ網ですくって実際に数える全数計数です。他の魚種と比べて生産規模が小さいからできることなのです。
 




オニオコゼの卵 ふ化したオニオコゼ 生まれて5日目頃 生まれて20日目頃




生まれて2ヶ月頃 生まれて3ヶ月頃